×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






好きな本


好きな本はたくさん。
その中から一部ピックアップします。
(新しい記事を下のほうに追加していきます。)


二分間の冒険 (偕成社文庫)
岡田 淳

私が小学5年生のときに、朝読書のときに担任の先生が読み聞かせてくださった本。
目からうろこが落ちる思いで、ものすごくおもしろかったんです。
「えらばれた勇者」「竜との戦い」……ワクワクしませんか? 
オススメです。

クレヨン王国 シルバー王妃花の旅 (講談社 青い鳥文庫)
福永 令三

私が児童文学作家を志すきっかけになった本。
それまであまり「本好き、読書好き」という感じではなかった私が、
クレヨン王国シリーズは少しずつでも集めました。
花札、死神との戦い、伝説の男装の王妃……! 
花札がどんなものか、小学生の私はよくわかっていなかったのですが、
12か月を代表する花たちのその美しい描写と、シルバー王妃・おんどりのアラエッサと
こぶたのストンストンの珍道中に心躍らせたのでした。

クレヨン王国 まほうの夏 (講談社青い鳥文庫)
福永 令三

クレヨン王国シリーズ。
読んでいて、はじめてぼろぼろっと涙を流した本。
主人公のセーター(清太くん)がとても好きです。
セーターはちょっと気になっている女の子といっしょに、クレヨン王国の「水色大福」を
みんなに秘密で育てることになりました。「水色大福」がいったい何の子どもなのかを、
期限までに見つけなくてはならないのです。
クライマックスは、何度読み返しても胸が熱くなり、泣きたくなります。

秘密の花園 (西村書店)
バーネット

「秘密の花園」という物語に出会ったのは、おそらく小学校低学年のころ。
テレビで名作劇場のような、アニメがやっていました。
それがとても印象に残っていて、私にとって「秘密の花園」は特別な物語でした。
そして大人になって、図書館で出会ったのがこの本。翻訳が素晴らしいです。
やっぱりアニメの記憶だけではなく、すぐ読み返せるように本を手元に置きたいと思い、
シンプルな表紙の文庫を購入したのですが、それは訳がまったくしっくりこなくて、
結局この西村書店さんのハードカバーの本を買い求めたのでした。
美しい花園の光景が目に浮かぶだけでなく、登場人物の声まで聞こえてくるような
素晴らしい訳です。

青い城 (角川文庫)
モンゴメリ

何度読み返したかわからない一冊。
敬愛する「赤毛のアン」シリーズの作者、モンゴメリの作品です。
地味で「いい子」であったヴァランシーが、余命宣告を受けたことをきっかけに
「ならば後悔しないように生きよう!」と心に決めて、今までやりたくても
できなかったことを、どんどんやっていくことでひらけていく美しい世界に
ぐいぐい引きこまれます。
線路に靴のヒールが挟まっておとずれるあのクライマックスと、そのあとの
すさまじい展開! ページをめくる手が止まりませんでした。


 


◇ トップページへ ◇